書籍のご案内

ゼノアの読む化粧料です。

お問い合わせはこちらのページ からお願いいたします。

化粧品を見る目が、今日から変わる!
賢い化粧品の選び方

肌は化学で美しくなる
肌劣化の原因は間違いだらけのスキンケア!
イメージに騙されて10年後に後悔しないために、
いますぐに知ってほしい化粧品の真実。


誰も知らない人気コスメの裏側
ウソをつく化粧品

宣伝文句にまどわされずに化粧品を正しく選ぶには?
あのメーカーを徹底検証!
オーガニック・無添加・敏感肌用コスメにもキケンがいっぱい!
「しっとり」「ぷるぷる」「美白」「浸透」に要注意。


なぜ彼は、国と大企業を相手に、闘い続けたのか?
闘い続けた『最後の化粧品屋』

その生涯を、肌の環境にかなった良質な化粧品の開発と
正しい美容科学の普及に捧げたゼノア化粧料本舗創設者・小沢たかあき。
「真の化粧品屋」であったその姿勢を振り返りつつ、 美容の本質とは如何なるものかを語る。

本書から、真の化粧品とは何か、真の美容とは何かをご理解いただき、
明日からの新たな美容生活への指針となれば幸いです。

なぜ彼は、国と大企業を相手に、闘い続けたのか?
なぜ多くの学者が、彼の意見に賛同し全面協力したのか?
彼は、本当に化粧品業界の異端児だったのか?
ベストセラー『悪魔の化粧品』『バカがつける化粧品』の著者が、
真の美容を希求したゼノア化粧料本舗創設者である父、
小沢たかあきの思想を紹介する。


マスコミ報道や宣伝広告で化粧品を選んではいけない!
自分で調べて採点できる「化粧品毒性判定事典」

自分の肌を守るためには、美辞麗句を並べたキャッチコピーに惑わされず、使っている化粧品の成分をしっかり把握しておく必要があります。本書に掲載されている成分は約6,200種、現在市販されている化粧品のほとんどが判定可能です。

毒性判定事典の続編であり、新しい原料を加え、約5000種に対する再評価を加味した書籍となります。 本書は化粧品に使用されている成分名称をまとめ、その主な用途、毒性を示した事典です。

各成分に「皮膚に悪い」毒性の程度を示す点数(■印)つけ、その点数の合計から、化粧品の質の程度を知ってもらうことができるようになっています。

ある一定以上の毒性があるときは、その化粧品を避けるという態度をとっていれば、その人の肌は化粧品による傷みをかなり防ぐことができます。


あなたの素肌は、20代で乾燥肌、30代で小ジワ、
40・50代でカサカサ・シワシワ
バカがつける化粧品

アンチ・エイジング化粧品の中身をご存知ですか?
数日で小ジワが消えるのは合成界面活性剤と合成ポリマーを大量に使っているからです。この化粧品をつけないと風船がしぼむように小ジワが増えます。欧米化粧品を猿マネした保湿化粧品がアンチ・エイジング化粧品の正体です。こんな化粧品にだまされないよう、そのカラクリを徹底検証します!

あなたの肌をチェック!

□ 化粧品の成分なんて調べる気にならない。
□ 女性雑誌の化粧品特集を読んで購入の参考にしている。
□ テレビの宣伝が気に入って買うことがある。
□ 石けん洗顔しただけでは顔がつっぱって痛い。
□ 小ジワが目立たなくなる化粧品を使っている。
□ メイクにはクレンジングオイルが一番いいと思う。
□ 美白化粧品はアンチ・エイジングに役立つと思う。
□ 使ったらすぐに効果が出る化粧品を選んでいる。
□ 赤ちゃんのようにプリンプリンとした肌になる乳液を使っている。
□ 無添加化粧品を選んでいる。
□ 化粧品より医薬部外品がいいと思う。
□ 植物エキスやアミノ酸には薬効があると思う。

1つでも該当する項目があるならば、あなたは間違いなくシワシワでシミだらけの乾燥肌になります。


あなたの素肌は、20代で乾燥肌、30代で小ジワ、
40・50代でカサカサ・シワシワ
きれいな肌でいたい!化粧品をどう選ぶ?

第1章 肌にとっての理想的な環境とは
第2章 間違いだらけの化粧品成分
第3章 年代別  肌を守るかしこいメーク法
第4章 ほんとうの美肌づくりは台所から
第5章 全成分表示の読み方

「業界もひどいなあ。ビニールの水溶液を美容液だなんて言って売っているんだから」とつぶやいてしまいました。

「えっ、ビニールって、合成樹脂の?」とひとりの女性が驚きの声を上げました。

彼女たちも、美容液を使っているのでしょう。

合成樹脂の0.5%ぐらいの水溶液は、一見してネバネバした植物エキスの固まりに思えますが、原価40銭ぐらいのこの美容液を彼女たちは数千円で買い、最高の美容液だと信じ切って毎晩顔にすり込んできたに違いありません。その結果、肌の環境が悪化してシミがつくられたという可能性も否定できません。


合成界面活性剤・タール色素を使わないゼノアのメイクアップ